妊娠率向上

girls wore blue are taking

排卵検査薬は採取した尿から排卵日の予測をすることが出来ます。女性は排卵日が近づくと黄体形成ホルモンが分泌されます。この黄体形成ホルモンは尿から調べることが可能です。排卵検査薬を使えば黄体形成ホルモンの濃度が分かります。
排卵検査薬を使うのであれば次回の生理予定日の17日前から使用するようにしてください。そうすることで排卵検査薬を無駄なく使うことが出来ます。一般的に排卵は生理の14日前に起こるからです。そして黄体形成ホルモンの濃度が高まってから24時刊から48時間後に排卵が訪れるので、生理予定日の17日前に使用すれば、最小1回の使用で排卵日を予測することが出来るんです。排卵検査薬は消耗品なので、こういった節約をするのは効果的です。排卵日に合わせたからといって100パーセント妊娠できるわけではありません。なので妊娠しなかった時に備えて、排卵検査薬の節約はしておいたほうがいいです。
もっとも妊娠率が高まるのは排卵日の2日前のセックスだそうです。精子は女性の体内に出されてから3日は生き続けることが出来ます。7日ほど生き続けたというケースもあるそうです。なので排卵予定日の2前に精子を中に送っていれば、排卵日を逃すことなく確実に受精させることが出来るんです。調査結果では排卵日当日と2日前では、妊娠率がなんと4倍の差もあるという結果が出ています。なので排卵検査薬で黄体形成ホルモンの上昇を確認したら、すぐに精子を送り込みましょう。